大阪城を望む歴史ある迎賓館で
格別なお披露目ウエディング

一日だけど、一生のこと。

私たちが掲げる「一日だけど、一生のこと」。

おふたりがこれまでの人生でお世話になった方々みんなが 一同に『同じ場所』『同じ時間』『同じ感動』を共有する場、それが結婚式です。

結婚式のその一日が最高の一日になれば、結婚式後の人生も良い方向に進んでいきます。
つまり、私たちは結婚式を通じて、おふたりの結婚式のあとの結婚生活 おふたりの「人生」と向き合っていると考えています。

大切な方をお招きできる
歴史の詰まった空間

大阪城が築城されて400年。都心にいるとは思えないほど広大で、四季を感じられるロケーションのもとに、大阪迎賓館はございます。「APEC'95」でアジア太平洋諸国のの要人をおもてなしするために新造された大阪迎賓館は、世界遺産である京都二条城の二の丸御殿の白書院をモデルに、高い職人技術によって格式高き風格の漂う空間に仕上げられました。
そんな歴史のある空間を丸ごと貸し切っておふたりだけの特別な空間とすることで、大切なゲストをお招きする上質な時間を演出いたします。

気品のあるおもてなしに
ふさわしいサービス

足をお運びいただいゲストには、美味しいものを。
おもてなしの心を表現し、一皿一皿に「食材への敬意」「お客様への敬意」を込めて腕を振るうのは関西の実力派シェフ石井之悠。フレンチの伝統的な手法を大切に、ソースやスープ一滴に至るまで全てを一から手づくりするお料理は、食材の旨みを凝縮した渾身の一品。

GranChef

石井之悠 Shu Ishii

スイスのグランメゾンで活躍し、帰国後神戸元町で開業。ミシュランと並ぶ2大レストランガイド、「ザガットサーベイ」では、神戸エリア料理部門で4年連続1位を獲得。 2012年1月より、弊社グランシェフに就任。
弊社グループ各会場の料理をプロデュースする傍ら、フランス料理の伝統の継承・発展のために精力的に活動し、関西フレンチの次代を牽引する役割も担っている。

京都・木屋町にある国の登録有形文化財「FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT」や神戸・須磨の兵庫県指定重要文化財「神戸迎賓館」、地方創生の先導事例として脚光を浴びる「篠山城下町ホテル NIPPONIA」など、数多くのユニークベニューを運営するバリューマネジメントグループ。キッチン・プランナーはじめ会場の全スタッフがウエディングの空間づくりをお手伝いし、大切なゲストの方をお迎えします。